裂き織りバッグ 赤+白ライン
5a18afb63210d56c8200399c 5a18afb63210d56c8200399c 5a18afb63210d56c8200399c 5a18afb63210d56c8200399c 5a18afb63210d56c8200399c 5a18afb63210d56c8200399c 5a18afb63210d56c8200399c

裂き織りバッグ 赤+白ライン

残り1点

¥14,800 税込

送料についてはこちら

明るく落ち着いた、赤に近いピンクの布を裂いて織って 作ったバッグです。 生成りの布が間に入ることで、可愛らしい雰囲気のバッグに 仕上がりました。 裂き織りバッグは、裂いた布を、強いコットン素材の縦糸の間に入れて 織ったバッグです。 とても味わいがある布に仕上がります。 丈夫な布ですので、長くお使いいただけます。 裂き織りバッグひとつで、普通の恰好でも、オシャレになります。 お気に入りのバッグを持つと、お出かけもしたくなりますね。 ピンクの縦糸で織ったことで、縦糸が浮き上がり、きれいです。 おしゃれで、雰囲気があるバッグです。 ポケットが内側に2つ、ついています。 スマートフォン、鍵、メモ帳、など小さな物を収納できます。 持ち手は、本革を使っています。 革は、磨いて艶が出ています。 焦げ茶色のきれいな革です。 持ち手の取り付けは、丈夫な麻糸で手縫いしています。 内側の面には、正方形の革を当て、2枚の革の間に、 バッグの布をはさんでいるので、とても丈夫です。 A4サイズのファイルが、横に入ります。 普段使いに、おすすめです。 カフェや図書館で、ゆったり過ごすのに、ぴったりのバッグです。 手でしか作りだすことのできない、味わいのある暖かみのあるバッグです。 飽きることのない素朴で美しい風合いです。 日々の暮らしのバッグです。 裂き織りバッグは、すべて一点物です。 ∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞ 「裂き織り」とは、縦糸は、綿素材の糸を使い、横糸は、糸ではなく、1cmから1.5cmの紐状に裂いた布を縦糸に通して、織った布のことを言います。 日本で、裂き織りが盛んになったのは、江戸時代で、古い布を再利用することから始まったそうです。 当店のバッグは、新品の綿素材の布を洗い、布を少し柔らかくしてから裂き、バッグを作っています。 縦糸は、生成り、赤、紺色、黄色など色々があります。 裂き布との組み合わせを考えながら、どんな風に仕上がるのか楽しみながら、製作しています。 裂いた布は太さが一定ではないため、横糸として織り込むことで、とても味わいがあり、趣のある織り地になります。 持っていると、癒されたり、楽しい気分になります。 そんな使い心地を、その手で感じていただけると、嬉しいです。 ∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞ サイズ 縦:30cm 横:開口部 40cm 横:底部 32cm まち:8cm 革 持ち手の長さ:34cm 持ち手の幅:2cm 内ポケットのサイズ 2つ、付いています。 縦18.5cm 横19cm 縦15cm 横14cm バッグの重さ:290グラム 素材 表布:コットン 裏布:コットン